東大論文不正門脇nature – Ordinary researchers

東大関係者の医学系・生命科学系の論文計22報に不正があると告発があった件について、事情聴取などを行い不正の有無を判断する本調査が5月31日に終了していたと本部広報課への取材で分かった。不正の有無は「現時点で言えない」としている。 本部広報課によると、5月31日に開かれた論文

門脇 孝 教授の研究室から発表された論文

匿名aによる論文大量不正疑義事件とは、2015年の年頭に発生した、80本を超える医学系の生命科学論文について研究不正の疑義が指摘された事件の通称 。「匿名a」はこの指摘を行った人物が用いたハンドルネームである 。

東大・門脇孝病院長の論文でも、コピペ(?)の不正疑惑で引用した日刊ゲンダイは、論文に不正研究疑惑の出た東大・門脇孝病院長について、小保方晴子さんと比べていました。 これについて私は、門脇院長は小保方さんというよりは、笹井芳樹前副

(追加:東大不正疑惑で二の矢、論文が22本に ディオバン小室一成教授も再び 本調査入りました→東大論文22本研究不正疑惑 門脇孝教授ら6教授「コメントはない」) 10/16追記:別の論文も告発されました。 → 東大の不正告発3連発、論文は既に撤回 大野里奈

[PDF]

分子細胞生物学研究所・旧加藤研究室における論文不正に関する M. Kim et al., “DNA demethylation in hormone-induced transcriptional derepression,” Nature (2009) 461: 1007-1012.

東大の赤門=東京都文京区で2008年8月14日、小出洋平撮影 東京大の医学系4研究室が報告した論文計11本に捏造(ねつぞう)や改ざんといった研究

Vol.174 東大研究不正調査発表~医学部教授をおとがめなしにした東大が失ったもの. 医療ガバナンス学会 (2017年8月18日 06:00)

待たされた調査結果公表

門脇 孝(かどわき たかし、1952年 – )は、東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科特任教授、帝京大学医学部附属溝口病院 病態栄養学講座常勤客員教授。 専門は内科学、糖尿病学。 アディポネクチン受容体AdipoR1及びAdipoR2 の研究をリードしてきたとされる 。

国籍: 日本

東大、医学系4教授、11の論文不正疑惑を予備調査|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信!

東大の科学研究行動規範委員会は、2013年12月の中間報告で「科学的に不適切な図を含む」と認定していた論文51本、著者193人を対象に不正行為の

加藤茂明元教授(分子細胞生物学研究所、分生研)の研究室による論文不正問題で、東大は12月26日、論文33本でデータ捏造(ねつぞう)などの不正行為があったとする最終報告を公表した。 当時の教員ら11人の不正行為などを認定。加藤氏など教員6人は既に退職しているが、「懲戒処分に相当

May 10, 2017 · 以前、過去にどこかで発表された論文をたくさん集めて無断で掲載していたことをNature誌に報道されたこともあったり、意図的にでたらめな論文を作成し投稿された論文を掲載してしまったり、無断で研究者を編集長として掲載していたり、という前歴の

東京大学 分生研 加藤茂明教授の研究室による類似画像掲載論文について (うっかりミスか?偶然か?研究不正か?)【 東京大学 分子細胞生物学研究所 加藤茂明グループの論文捏造、研究不正】

科学・環境 東大の33本論文不正が見せた深い闇 約15億円もの公的研究費を受けていた研究室で、33本の論文に捏造・改ざんの不正があり、11人が

Sep 21, 2016 · 東京大学の6つの研究室が発表した22本の論文に不正の疑いがあるとの告発があり、東大は予備調査で不正の疑いがあると判断し、本格的な調査を

捏造、不正論文 総合スレネオ 39 [無断転載禁止]©2ch.net 東大医学部の論文捏造隠蔽は、法的にも経済的にも倫理的にも実質的にも明確に森友や加計より悪質 でも糖尿の門脇孝&山内敏正の論文にたくさん名前見つかるぞ . 999 匿名A Zm8FyprZhE 2017/10/10

わが国最高学府である東京大学の医学部を舞台に、世界の医学界を震撼させかねない重大な疑惑の研究が浮上した。主役は「東大医学部のスター」とも呼ばれる門脇孝・東大糖尿病・代謝内科教授。日本内科学会や日本糖・・・

東大医学部の学生が大学の研究不正疑惑について公開質問状を出しましたがこうやって学生が大学関係者の不正疑惑に説明を求めたりするのは他の大学ではないのですか? 早稲田の学生とかも見習って先輩の研究不正に対してもっと厳しく

Read: 303

Sep 11, 2016 · 以下に、今回行われた東大医学部論文捏造の告発文の全文を載せます。 なお、私自身はその内容を理解しておりません(ところどころ、素人でも何となくわかる部分はあります)。 なお、PDFファイルからword文書に変換する際、若干の文字化けが生じまし

東大、論文不正疑惑の第二弾受け予備調査|医療維新|激動の医療界の動きをm3.com編集部が独自の視点で取材・発信!

東京大で医学部などの6つの研究グループの論文に不正の疑いが指摘されている問題で、東大は20日、本格的な調査を始めると発表した。匿名の

Sep 02, 2016 · 東大から発表された多くの論文に不正の疑いがもたれて いる。 (以下日経新聞から引用) 医学論文11本に不正疑い 東大が予備調査 2016/8/31 20:00日本経済新聞 電子版 東京大に所属する4つの研究グループによる医学系の研

あるAnonymous Coward 曰く、東京大学・分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授らのグループで論文不正があったことが2013年明らかになったが (過去記事)、これに関連して博士論文で図表の捏造や改ざんをおこなったとして3人の博士号が取り消された(朝日新聞)。

Apr 03, 2014 · 3月14日、日本の臨床研究の重要拠点である東大病院。門脇孝病院長は、ノバ社の白血病治療薬を巡る研究不正を明らかにした調査委員会の中間

2016年9月20日の報道等によると、論文不正の疑いを指摘する2通の匿名告発文書を8月に受け取り予備調査を行ってきた東京大学が、本調査を行うことを決定しました。 匿名による申立て事案にかかる本調査への移行について 平成28年9月20日 東京大学広報室 東京大学は、平成28年8月14日付け及び

大阪大学医学部論文不正事件は、2005年 5月、大阪大学医学研究科の調査委員会(委員長は遠山正彌研究科長)による調査により、大阪大学医学部で研究不正が発覚した事件 を端緒とする。. 10年後の2015年に、この事件の調査に関わった教員の当時の論文を含む大阪大学医学部の30本近い論文に

東大医学部付属病院の研究不正疑惑で、 2015年の疑惑事件とこれまでに分かっている今回(2016年)の事件の比較 2015年 告発者:匿名a氏(個人?) 告発対象:論文84報 対象機関:東大(医学部付属病院)、大阪大、京都大など多数 疑惑内容:画像の切り貼り、流用が主 告発方法:インタネット

東大医学部付属病院の研究不正疑惑が再燃しているようだ。 zasshi.news.yahoo.co.jp 告発内容(PDF、上昌弘氏のtwitter記事より引用) その1、その2、その3 東大の付属病院での研究不正疑惑は、匿名A氏が2015年1月ごろにネット上で大量の研究不正疑惑を告発した際に話題となったが、東京大学の調

AdipoR1とAdipoR2の同定論文の責任著者である門脇孝は、2016年に出版した自伝 において、AdipoR1やAdipoR2は部下の山内敏正が清水孝雄の研究室に出入りして同定してきたものであり、最初は門脇自身がアディポネクチンの受容体であることが信じられなかったが

理研や早大が小保方晴子事件で甚大な損害を受けたのは、不正の悪質さの問題より研究機関が不公正な対応をした事が大きな要因だ。東大は門脇孝病院長(関連)、永井良三自治医科大学長・元東大病院長が被疑者になっている。井上明久事件に代表される

1 : 東大論文不正 元教授強圧的指導 調査委「懲戒処分相当」 東京大分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授のグループによる論文不正問題で、 同大科学研究行動規範委員会は1日、「論文5本について捏造(ねつぞう)や改ざんの不正があった」

東大医学系4教授の基礎医学系論文における研究不正疑義の告発を受けて東大が予備調査を開始 アディポネクチン受容体nature論文など11 報が

^ 東大医学部で「STAP級」論文不正 税金が消えた「糖尿病研究」の暗部 選択 2016年10月号 2017年9月13日閲覧 ^ 第189回国会 科学技術・イノベーション推進特別委員会 第3号 衆議院 2015年5月19日 2016年12月6日閲覧

」「外部刺激でも体細胞を幹細胞化できる!」と 題してSTAP論文の成果を日本語で解説した「natureダイジェスト」2014年3月号 に、「論文の不正検出システム」という記事も掲載されているのは、どういうめ ぐりあわせかと思います。

1000万だっけ?不正入札で買ったカッシーナのお金。 上田御殿の費用はとりあえずおいとくとして、少ない家具に1000万はかかり過ぎだな。キックバックも怪しいな。それ以外にも帝国ホテルの宿泊費かな?

アディポネクチン受容体を活性化する低分子化合物を東大がNature誌 で発表、「オールジャパンで最速開発を」と門脇教授 2013年10月31日 03:00 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科の門脇孝教授と山内敏正講師らは、アディポ

文科省、論文捏造などの告発窓口を設置 文部科学省は7日、論文の捏造(ねつぞう)や改ざんなど研究の不正 行為の告発を受け付ける窓口を省内に設置したと発表した。対象は 原則同省が所管する公募型の研究費「競争的資金」を使った研究。

アディポネクチン受容体を活性化する低分子化合物を東大がNature誌 で発表、「オールジャパンで最速開発を」と門脇教授 2013年10月31日 03:00 東京大学医学部附属病院糖尿病・代謝内科の門脇孝教授と山内敏正講師らは、アディポ

※詳細は東大病院hp掲載のリリース文書をご覧下さい。 リリース文書[pdf: 228kb] (2013/09/10掲載) ドコモと東大病院による社会連携講座「健康空間情報学」の第二期共同研究を開始 ~医療現場への適用に向けて研究を継続~

昭和大医学部も不正認める、現役に10点・1浪に5点を加点 東京医科大学が女子の受験生などを不利に扱っていた不正入試の問題が、他の大学にも広が っています。昭和大学が会見を開き、医学部の入試の面接で、現役生に有利になるように得点操

日本国内で研究されている研究課題や研究者についてのデータベースサイトです。科研費をはじめ各省庁、jst、nedo、amedなどの競争的研究資金の研究費データを独自に収集し、公開しています。

^ 東大医学部で「STAP級」論文不正 税金が消えた「糖尿病研究」の暗部 選択 2016年10月号 2017年9月13日閲覧 ^ corrigendum: Cloning of adiponectin receptors that mediate antidiabetic metabolic effects Nature, 431, 1123 (28 October 2004)

東京医科大学での不正入試を受けて、文部科学省が全国の医学部を対象に行った調査に対し、昭和大学は、不正はなかったと回答したものの、15日、2次試験で2浪以上の受験生が不利になるよう得点操作を行っていたことを明らかにしました。

富士通のAI技術を体系化したものが「FUJITSU Human Centric AI Zinrai(ジンライ)」です。「Zinrai」は、人を支え、便利で快適な新しい時代の創造を目指しています。