石川直樹 写真家 – プロフィール

概要

toggle navigation. Top News; Profile; Works; Books; Movies; Instagram; Blog; Links; Contact

Books · Profile · News · Works

See 652 photos and videos by Naoki ISHIKAWA|石川直樹 (@straightree8848).

就職せず、旅を生業にして生きる。写真家・石川直樹さんが選んだ「誰もやってこなかったこと」 「自分に特別な才能が

写真家であり、冒険家で作家でもある多彩な才能を併せ持つ石川直樹さん。多くの有名な山にも登頂し私たちが見れない世界を写し続ける、他のカメラマンとは一線を画す石川直樹さんは辺境の地に行く時にどんなカメラを持って行くのでしょうか?

高校2年生のインド・ネパール一人旅にはじまり、2000年には「Pole to Pole」プロジェクトで北極から南極までを踏破。翌年には世界七大陸最高峰登頂の最年少記録を塗りかえ、その後も世界の地表からてっぺんまでを風のように駆け抜けている石川直樹氏の旅のマストハブアイテムは。

手探りで地球を旅してきた、石川直樹の20年を振り返る展覧会。 「僕は東京・初台生まれ。だから出生の地で終わるのが一番きれいだなと思って。最後にして、やっと図録が完成したんです(笑)」 と写真家・石川直樹さん。

世界を旅する冒険家の石川直樹さんにとって、自分と世界との距離が大切だからとのこと。もしも「なぜ単焦点レンズがいいの?」と質問されたら・・・。使っているカメラ:プラウベル・マキナ670蛇腹式の中盤カメラで、石川さんがほかのインタビューで「旅に向いてるカメラ」と語っている

Mar 12, 2018 · 辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら作品を発表し続ける、写真家の石川直樹氏。Gクラスで訪れた、知床半島の冬の記録。|Mercedes-Benz LIVE!(メルセデス・ベンツ ライブ)

石川直樹、そのままでいい。 「肩書きを付けられるのは違和感がある」 と石川さんは言った。 「冒険家と未だに呼んでくれる人がいるんですが、自分から名乗ったことは一度もないです。一年で最も多いのが写真の仕事だから、一番適切なのは写真家。

写真家の石川直樹は、これまでに2度登頂を果たした世界最高峰・エベレストの作品集をこの12月に発表。刊行を記念し、2011年登頂時の未発表映像を、Pen Onlineで先行公開!

Dec 18, 2019 · 「K2」(2015) 1月 12 日より写真家・石川直樹さんの大規模個展「この星の光の地図を写す」が東京・初台にある東京オペラシティ アートギャラリーにて開催される。さらに前日の11日 には写真集『 Ama Dablam 』( S

「登山家」と「写真家」の顔を持つ石川直樹さん。 世界を旅しながら、写真をとり生活を成り立たせるのは 大したものだと思います。 石川直樹さんの登山・七大陸最高峰登頂ついてまとめてみました。 目次. 1998年5月 デナリ(6190.4m)登頂

. . 今年の4月。 最後の冒険家とも称されている、写真家の石川直樹さんが高知に来られました。 . 昨日、金高堂書店本店で開催した #石川直樹 さんのイベントは、大勢のファンに見守られながら無事終了いたしました! たくさんの方のご参加、ありがとうございました!

Oct 27, 2013 · 旅を通じて世界を記録しつづける写真家、石川直樹。 独自の写真観と、特別な存在であるエベレストへの思いを語る。

世界各地を巡りながら、人々の生活の営みや大自然に焦点を当て、シャッターを切ってきた写真家・石川直樹さんの個展「この星の光の地図を

2019年1月12日~3月24日に「東京オペラシティ アートギャラリー」(東京都新宿区)にて、写真家・石川直樹さんの東京での初の大規模個展となる「石川直樹 この星の光の地図を写す」が開催されます。 石川さんの初期から現在までの活動の全貌が紹介されるということで、待ってました!

企画展示「すべての旅は本から始まった―。写真家 石川直樹の世界」 10代後半から世界各地を巡り写真を撮り続けてきた石川直樹氏の世界を紹介します。挑戦すること、世界を見つめること、考えることなど石川氏の生き方を伝える展示です。

石川直樹さんが、この夏パキスタンの「K2」登頂を目指す。すでに世界最高峰エベレストに2回登頂しているにも関わらず、8000m峰14座の中でも最も

Jun 20, 2019 · 石川直樹氏 プロフィール; 1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。 人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。

石川直樹_(探検家・写真家)の噂・評判を検証しています。石川直樹_(探検家・写真家)に関わる人気の噂から、あまり語られることの少ない噂まで検証しています。

Amazonで石川 直樹のEVEREST。アマゾンならポイント還元本が多数。石川 直樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またEVERESTもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

石川直樹(いしかわ・なおき) 写真家 1977年東京生まれ。高校2年生のときにインド・ネパールへ一人旅に出て以来、2000年に北極から南極まで人力で踏破するPole to Poleプロジェクトに参加。

写真家・石川直樹が魅せられてやまない「旅の先にある驚き」とは 『ワンロード|現代アボリジニ・アートの世界』

石川直樹 For Everest ちょっと世界のてっぺんまで

写真家・石川直樹氏の人生は、比喩ではなく、旅であり冒険そのものだ。七大陸最高峰登頂の世界最年少記録を塗り替えたという実績も彼にとっては通過点のひとつ。好奇心の赴くままに見知らぬ土地を訪ね、ありのままの光景をフィルムに収める。

石川直樹×金澤正人対談 旅写真家と広告写真家が考える写真の未来 資生堂 インタビュー・テキスト 島貫泰介

世界をフィールドに活躍する写真家・石川直樹の特別企画展「石川直樹展『島は、山。』」 10月4日金曜日から、霧島アートの森で開催されます。 “霧島アートの森 石川直樹展『島は、山。』10月4日から開催” の 続きを読む

【銀座 蔦屋書店】2度目のエヴェレスト登頂を成功|写真家 石川直樹による大型作品展示「everest」を12月1日(日)~開催 。

NAOKI ISHIKAWA WEB SITE. toggle navigation. Top News; Profile; Works; Books; Movies; Instagram; Blog; Links

石川直樹 (写真家)とは?goo Wikipedia (ウィキペディア) 。出典:Wikipedia(ウィキペディア)フリー百科事典。

石川直樹(写真家) | 【HMV&BOOKS online】は、本・雑誌・コミックなどを取り扱う国内最大級のECサイトです!石川直樹(写真家)に関する最新情報・アイテムが満載。

石川直樹. 1977年、東京生まれ。早稲田大学第二文学科卒、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。

写真家・石川直樹氏インタビュー記事 今年2011年5月、2回目のエベレスト登頂に成功した写真家の石川直樹氏。彼は同年2月、弊社トライウエルインターナショナルの手配で、南極クルーズに出かけている。これまで世界各地の秘境を旅し、写真と文章を発表してきた石川氏は、その中でも「南極

2019/05/01 ラジオ深夜便 スペシャル対談「そして新時代へ~ぼくたちの“旅”する生き方」 池澤夏樹さん(作家、詩人) 石川直樹さん(写真家)

写真家・石川直樹さんの写真で、日本の風景を見つめなおそうというプロジェクト「日本列島」が、始まりました。 ビームス ジャパンとアート写真専門出版社 スーパーラボによるこのプロジェクトは、オリンピックイヤーの2020年までに日本全国47都道府県別に、計47冊の写真集発行を目指す

11月28日(土)から、北海道博物館にて写真家の石川直樹さんによる写真展「Across Borders:」が始まります。これは、石川さんが旅した北海道とカナダの風景を展示する写真展。カナダの森を歩いて「森から漂う松の香りがなんだか懐かしい」と感じた石川さんが見つけたものとは、何だったの

石川直樹は,文化人類学や民俗学の領域に関心を持ち,日本や世界各地の辺境や都市を旅しながら作品を発表し続けています。 空から列島を眺めると,島という陸地は海から顔を出した山ではないかと思え

【銀座 蔦屋書店】2度目のエヴェレスト登頂を成功|写真家 石川直樹による大型作品展示「everest」を12月1日(日)~開催 。

クリックして Bing でレビューする3:59

Jun 10, 2015 · – 写真家・石川直樹さんが、2015年夏のK2遠征本番を前に、麓の町スカルドからK2やブロードピークを見渡せるコンコルディア(標高4600m)までを

著者: SLANT

石川直樹(いしかわ・なおき) 写真家。1977年東京都生まれ。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。

石川直樹 写真家 「A tree in Ilullisat, Greenland / 2007」 17リットル小型冷蔵庫 40,000円(内税) 石川直樹 写真家 「Ilullisat city, Greenland / 2007」 17リットル小型冷蔵庫 40,000円(内税)

世界を旅して未知の風景を写してきた写真家の石川直樹さんが大分県の国東(くにさき)半島に通い、人びとや自然、伝統文化をカメラに収めた。写真集「国東半島」には、その中から厳選された172点がつまっている。世界を飛びまわる束の間、東京に戻った石川さんにお話を聞いた。

写真展のタイトルは〈この星の光の地図を写す〉。今年1月6日の「日曜美術館」で山岳写真家として知られる田淵行男さんの特集番組が放映されたばかりですが、このとき解説者として出演していたのが石川直樹さんでした。山岳写真の世界を変えたと言われる田淵さんの遺志を継ぐ若き写真家

Amazonで石川直樹のぼくの道具。アマゾンならポイント還元本が多数。石川直樹作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またぼくの道具もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

東京オペラシティアートギャラリーにて開催中の写真家・石川直樹さんの写真店に行ってきました。個人の撮影したものでこれだけの規模の展示はなかなかなく、作品数も400点以上の充実ぶり。しかも僕がいった日はご本人が来館してのギャラリートークもありというモリモリな展示日でした。

写真家・石川直樹による『石川直樹 この星の光の地図を写す』展が、東京・初台の東京オペラシティアートギャラリーで2019年3月24日まで開催中です。タイトルの「この星の光の地図を写す」という言葉

写真家の石川直樹はロシアのサハリン、日本時代には「樺太」と呼ばれた北の地を訪れました。 「ぼくがこの地にこだわるのは、青森や北海道を入口にして、北方の世界を島の連なりとしてとらえ直してみたいという気持ちが強いからである。

あくなき冒険と探求を続ける石川直樹の足跡と眼差しは、新たな視点から地球というこの星を見つめ直す契機となるでしょう。 1977年東京

エヴェレストに石川さんが魅せられた理由とは? 22歳で北極から南極を人力で踏破、23歳で七大陸最高峰登頂を達成した写真家の石川直樹さん。人類学、民俗学などに関心をもち、世界を旅しながら作品を発表し続けています。

地球を縦横に動きまわり、独自の視点から世界を新たに見つめ直してきた写真家、石川直樹(41)。地球に星座を描くような20年にわたる活動を

石川直樹 1977年東京生まれ。写真家。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。

北極点から南極点への人力踏破や七大陸最高峰への登頂を経て、独自の視点で世界を表現し続ける写真家の石川直樹さん。今夏、4年ぶりとなる「k2」に挑戦。厳しい気象条件や滑落の危険から、世界一登ることが困難とも言われる山への道のりを、映像とともに紹介します。

特別企画展 石川直樹展「島は,山。」island ≒mountainが鹿児島県霧島アートの森で開催。陸と海が接する島はもともと山であり、山は島でもあるのではないか。本展は、こうした問いを出発点に、石川直樹が10代の頃から関心を寄せ続けている鹿児島からアジアへと広がる島々の連なりを、写真に

2014 ISHIKAWA PROFESSIONAL PHOTOGRAPHERS SOCIETY. All rights reserved.

「石川直樹 (探検家・写真家)」から「石川直樹 (写真家)」への改名を提案します。石川は自著である『いま生きているという冒険』や『最後の冒険家』で、明確に自分が冒険家ではない、と書いており、同様に、探検家などと自ら名乗ったこともなく、誤解が生じているようなので修正したい。

解説. 写真家・石川直樹がライフワークとして10年以上にわたって追いつづけ、ユネスコの無形文化遺産に指定された「来訪神」にまつわる行事のほか日本列島各地に残る20の来訪神儀礼と、異形の神を迎える人々を収めた写真集。

生き方や思想に、気づきを与えてくれる本の力とは――。作家の高橋源一郎さんと、写真家の石川直樹さんが、自らの本棚に並んでいる本をいくつか持ちより、内面深くまで影響を受けた作品や作家について語ります。書き手として、表現者として、それぞれ共鳴し合う感性についても触れます。

石川 直樹(いしかわ なおき、1977年6月30日 – )は日本の写真家。人物幼稚園から高校までを暁星学園で過ごす。2002年9月、早稲田大学第二文学部歴史民俗系専修卒業。2008年3月、東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。学位は博士(美

〒920-0806 金沢市神宮寺3-14-14 T/F 076-253-2889. 得意分野「コマーシャル」 Return member list≫